猫との生活

一人暮らしで猫を迎えて起こった生活の変化

のりをです。

をこれから迎えようと思っている方は、

「猫との生活ってどんな感じなんだろう?」

「今までの生活からなにか変わるのかな?」

なんて思いますよね。

今回は僕が猫を迎えてから感じた生活の変化について紹介します。

 

家の中での変化

朝起きるのが早くなった

朝ごはん待ちの猫さまに起こされます。大体6時〜8時くらいの間に。

うちの猫さまは悪賢いのでニャーニャー鳴いて起こす他に、壁で爪を研いだり、布団の上でオシッコするふりをして僕を起こします。

おかげで朝が弱かった僕も早く起きるようになりました。

のりを
のりを
休みの日もね。。。

どーしても朝起きられないって方は自動給餌器を用意したほうがいいと思います。

夜更かししなくなった

朝早く起きるようになったので、相対的に夜更かしもしなくなりました。

大体0時には寝る準備をし始めて、夜の1時には消灯です。

猫さまも寝るタイミングを合わせてくれて、大体0時頃には添い寝待ちしてます。

のりを
のりを
寝るときは抱っこしながら寝んねです。

家の中でしゃべることが多くなった

一人暮らしだと家で話し相手がいないのでしゃべることってないじゃないですか?

僕はもともと口数が少ないほうなので、休みの日なんかは一言も発さずに、1日を終えることも多かったのですが、猫さまと迎えてからは変わりました。

「おはよう」とか「おやすみ」とか、「何してんのー?」とか言ったり、暇さえあれば「かわいいねー」って言ってるおっさんになりました。

のりを
のりを
うちの子はしゃべるからね。だからただ会話してるだけやで

部屋が猫仕様になった

トイレなどの必要な猫グッズの他に、家具を階段のように上がっていけるように並べたり、猫さまが入りそうなスペースにクッションを置いたりと、可能な限り猫さまに快適な空間を作るようにしました。

猫さまの身体能力は思っていた以上に高かったので、一緒に生活してから変更を余儀なくされた部分もありますが、安全面と自由さをバランス良く考えてインテリアを揃えるのは割と楽しかったです。

家で過ごすのが楽しくなった

一人で生活しているときは、

「家=寝る場所」だったのですが、

猫さまを迎えてからは、

「家=楽しい場所」になりました。

かまって攻撃が多すぎて、やらないといけないことができなかったりもありますが、それ以上に癒されます。

一緒にお昼寝したり、おもちゃで遊んだり、外を眺めたり、読書してると膝で寝始めたり……。

楽しいことづくしですよ。

スポンサーリンク

外での変化

早く家に帰りたくなった

わが家の猫さまは出迎えてくれるタイプで、僕が家の近くにまで着くと窓から僕の帰りを待っている子です。

のりを
のりを
上の写真のように僕の帰りを窓からの外を眺めながら待ってました。

家に帰るとゴロゴロ言いながらスリスリしてきて、めっちゃかわいいです。

猫さまに出迎えられると中毒性がすごいです。(小並感)

もともと残業は好きではなかったですが、まぁ帰っても特にやることもないしダラダラ仕事していましたが、猫さまを迎えてからは一刻も早く家に帰るよう仕事しました。

【仕事で疲れてない?】猫さまに学ぶ、無理をしない生き方のりをです。 猫さまの生き方って羨ましいと思いませんか? 僕は毎日のようにいいなー、猫になりたいなーと思いながら過ごしてます...

「行ってきます」「ただいま」を言うようになった

一人暮らししてると「行ってきます」も「ただいま」も言わないんですよ。

言う相手もいないですからね。

猫さまと生活すると「行ってきます」と「ただいま」を受け取ってくれるんです。

そして僕が外出するときは全力で悲しむし、帰ってきたら全力で喜んでくれます。

家で猫さまが待っているって幸せですよ。

会社のPCのデスクトップが愛猫の写真になった

まぁそうなるんです。

おかげで仕事が全然はかどらないんですよw

ぼーっとPCを眺めて、「かわいいなぁ」ってつぶやくおじさんになりました。

猫自慢するようになった

いやぁ、実は最近、猫を飼い始めたんですよ〜。もうめちゃくちゃかわいいですよ。天使ですよ。天使! え?写真ですか? ありますよ。見ますか? この子なんですけどね〜。こんな風に一緒に寝るんですよー。

って感じで、お客さまにもお話していました。とても楽しかったです。

猫好きな知り合いが増えた

不思議なことリアルでもSNSでも猫好きな方との縁が増えました。

もともと猫さまを迎えたのも偶然、会社の移転先近くに、猫好きのママが営んでいる猫好きが集まる喫茶店があり、そこのお客さんが偶然、里親を探されていたという経緯でした。

そこから猫好きの方との繋がりが増えましたし、ツイッターでも増えました。

スポンサーリンク

その他の変化

ペットは家族ということが理解できた

猫さまを迎える前までは「ペットは家族」という考えが理解できませんでした。

ペットはペット。家族とはまた別物。と、考えていたんですね。

それがいつの間にか猫さまを第一に考えて行動するようになりました。

一緒に生活しているペットが喜んでくれると嬉しいですし、なるべく悲しませたくないと思うのです。

猫さまとの生活は一人の生活に比べて、気苦労はありますが、それを超える幸せがあると思います。

スマホの写真フォルダが猫で埋め尽くされる

いつの間にか埋め尽くされます。

それはもう確実に。

猫さまは毎日かわいいし、ちがった表情を見せてくれます。

遊んでいるときも、ご飯を食べているときも、寝ているときすらかわいいですからね。

気づいたらカメラアプリを起動して撮影会が始まるのです。

撮影した写真は外出時に猫不足に陥ったときに役立ちます。

旅行に行かなくなった

元々旅行好きというわけではないのですが、実家に帰ったりは月に一度、旅行も年に1回ほどは行っていたのですが行かなくなりました。

猫さまと生活していると、旅行に行っても猫さまのことが心配で楽しめないんですよね。

猫さまは1日くらいの留守番はご飯や水、トイレの用意をしっかりしておけば問題ないのですが、ご飯ちゃんと食べてるかなー?とか、一人で鳴いてないかなー?とか思っちゃって、僕の精神が持たないのです。

うちの猫さまは割と寂しがり屋で粗相してしまうので心配というのもあるんですけどね。

猫グッズや猫情報を見るようになった

楽天やAmazon、出かけたときもペットショップに立ち寄って猫さまが喜ぶ物がないかと、猫グッズを物色することが増えました。

他にもうちの猫さまは血尿が出たりしたのでインターネットや書籍で情報を探したりもするし、生活がいつの間にか猫中心になっていました。

幸せです。

【初めて猫を飼う人向け】猫と生活する前に準備したいグッズのりをです。 おビビと生活を始めて3年以上経過しました。 迎えた初日は何をどうしたら良いのかわからず、オロオロしてましたが今...

以前よりお金がかかるようになった

一人暮らししていたときに比べて出費は増えました。

当然と言えば当然なんですけどね。

猫さまとの生活で必要な物を揃えて、年一回の健康診断などの病院代を除けば、猫さまに毎月かかる生活費はフードやおやつ、トイレ用品くらいです。

使っている物によりますが、大体10,000円あればお釣りが出るかと思います。

お金はかかるようになりますが、僕は猫さまにお金を使うことは楽しいです。

猫のオリジナルグッズ
【開設〜Tシャツ製作まで】BASE(ベイス)で愛猫のオリジナルグッズを自分で作る方法のりをです。 ペットを飼われている方ならあると思うのですが、「うちの子モチーフのオリジナルグッズを作りたい」って考えたことありませ...

 

まとめ

猫さまと生活すると今までと環境が変わるわけですから、やはり生活にも様々な変化が起こります。

僕の生活の変化の一つ一つを個別で見ていくと、いやだなぁって思う変化もあるかもしれませんが、僕自身は猫さまと生活していてめちゃくちゃ幸せです。

ただし、誰もが幸せと思うかはわかりませんし、猫さまを迎えてから「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうと、人も猫さまも幸せにはなれませんよね。

これから猫さまを迎えようと思っている方は、いろいろ調べて、よく考えて迎えてあげてください。

おしまい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です